産後の糖質制限。1ヵ月続けた効果は?痩せた以外にうれしい効果が!!

産後の糖質制限。1ヵ月続けてみた効果は?痩せたこと以外にもうれしい効果が!!糖質制限

こんにちは、まいせです。

私は、妊娠中に妊娠糖尿病になり、産後も血糖値が改善されず。そのまま糖尿病予備軍になってしまいました。

まいせ
まいせ

薬に頼らず、自分で血糖値を下げてやる~!

と、一念発起。

さまざまな本を読み漁り、産後7ヵ月になった頃から糖質制限を始めました。

糖質制限を始めて約1ヵ月経過がしましたので、体の変化についてまとめたいと思います。

・これから糖質制限を始めようと思っている人
・血糖値が高めの人
・妊娠糖尿病・糖尿病の人
は参考にしてくださいね。

糖質制限を行う目的は?

糖質制限を行うには、目的・目標が大切です。
私の場合は
①血糖値の改善 目標 Hba1c 5.5%
②体脂肪率を減らす 目標22%
いくら痩せても糖尿病になっては意味がありません。
私の場合、糖質制限はダイエット目的というよりも、血糖値を下げることが最大の目的です!
ちなみに、糖質制限を始める前の私の体データ(2020年12月)をお伝えしておくと
・身長 161.5㎝
・体重 52.0kg
・BMI 19.9
・肥満度 -9.5
・Hba1c 6.3%
・体脂肪率 28%
体重はいたって標準的。
しかし、血管内はドロドロ、脂肪たっぷりの隠れ肥満です。

 

体重に関しては妊娠中にプラス12kgまで増えました。

妊娠前51kg→妊娠中63kg

その後、11kgはスルスルと痩せたものの、あと1kgが戻らず…。直近3ヵ月間は体重の変動がない状態でした。

私が行っている糖質制限とは?

糖質制限イメージ

RitaEによるPixabayからの画像

「糖質制限」とひと言で言っても相当ストイックなものから緩いものまで幅が広いですよね。

・ケトジェニックダイエット ・スーパー糖質制限
・スタンダード糖質制限
・プチ糖質制限
・ロカボ(穏やかな糖質制限)

ざっと上げてみてもこれくらいあります。
上に行くほどストイックで下に行くほど緩いイメージです。

スタンダード糖質制限に近いもの

この中で私が行っているのは
スタンダード糖質制限に近いものだと思います。
厳密にルールを守っているわけではないので、あくまで「近いもの」です。

スタンダード糖質制限とは
・1日3食のうち2食は主食なし(基本的に夕食は主食なし)
・主食を摂る際は1食の糖質量が40g程度になるように調整
・他の2食は1回の食事の糖質量は20g以下になるように調整

私が「近いもの」と言ったのは、糖質量を厳密に測ってはいないからです。
ただ単純に主食を食べるのは多くて1日1食にしています。
とは言え糖質制限を始めて1週間くらいは子どもの入院に付き添っていたため、自由に食事を選べず、1日2食くらいは主食を摂っていました。

糖質制限中の食事で心がけていること

糖質量を測るのは手間がかかるためやっていません。(基本ズボラ)
マイルールとして決めているのは

・ごはん・パン・麺類などの主食は食べない(食べる場合はブランパンなどの低糖質パン・あるいは食パン6枚切りを半分)
・砂糖を使わない(ラカントSを代用)
・イモ類・カボチャ・ニンジン・フルーツは食べない
・おやつは糖質量10g以下ならOK
・コーヒーにはMCTオイルをプラス

これくらいです。
これ以外はOKとしているので、例えばときには唐揚げを食べることもあれば、ハンバーグを食べることもあります。

低糖質スイーツなら糖質量10g以下も楽勝!

ただ、食卓にカレーや丼ものが出ることは極端に減りましたね…
丼にする場合は、私だけお豆腐で代用しています。
麺類の場合は、糖質0麺や白滝を使うこともありますが、私だけ別メニューと言うこともあります。

 

糖質制限中の食事で積極的に摂っているもの

食べたらダメ!!ばかりだと気がめいりますよね。

と言うわけで、私がとくに積極的に食べているものを挙げます。

・肉・魚・大豆製品
・ナッツ類(素焼きのもの)
・ハイカカオチョコレート(カカオ80%台のもの)
・無糖ヨーグルト
・チーズ
・卵

糖質が少なくて、たんぱく質や脂質が摂れるものばかりです。
チョコレートに含まれるポリフェノールは抗酸化作用も高くて、便秘改善にもいいそうですよ。

この辺は常に常備しておいて、小腹が空いたらつまんでいます。

また、つまみやすいものと言えばナッツです。

ただ、痩せたい方の場合、ナッツの食べすぎには要注意です!

まいせ
まいせ

ナッツってびっくりするくらい止まらないです!
しかもカロリーめちゃくちゃ高いっ!

なんと、ナッツは100gあたり600kcal近くあります💦
糖質はほとんどありませんが、食べ過ぎると太ると思います…

とは言え、私は結構食べています!
チョコチョコとつまんでいるので、実は恐ろしい量食べているかも。

↓こちらは、小分けになっているので安心です。

授乳中って、お腹が空くんですよね。

まいせ
まいせ

一人目のときは、何も気にせずおにぎりやパンやら食べまくってたな~

私の場合、目的が「体重を減らすこと」ではないので、カロリーを抑える必要がないと思っています。
とにかく糖質だけに注意してあとは好きなものを食べていますよ!

糖質制限を1ヵ月続けてみた結果は?

糖質制限イメージ

PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像

糖質制限を始めて1ヵ月経ちました。

始めるまでは、ごはんやパスタが食べられないなんて絶対無理!と思っていたのですが、意外と平気でした。

今はごはんを見ても「食べたい」という欲求すらおこらなくなっています。パスタやラーメンも然り。

ただ、甘いものだけは食べたくなります…これが砂糖=マイルドドラッグの仕業なのでしょうか。

 

そういうときは低糖質スイーツに走っています!

まいせ
まいせ

低糖質スイーツが食べられるなら十分!

低糖質スイーツには砂糖ではなく羅漢果やエリスリトールなどが甘味料として使われています。

これらには砂糖のような依存性はないと言われていますよ!

まいせ
まいせ

Hba1cは、過去1~2ヵ月の血糖値の平均が出るため、次回は4月初旬に計ってみようと思っています!こうご期待!

1ヵ月で約3kg減

最初の1週間くらいは、子どもの入院に付き添っていたため体重が測れていません。

ここ1ヵ月の体重・体脂肪率の変化ですが

体重は52kg→49kg(約3kg減)
体脂肪率は28.1%→26.5%(約1.5%減)
※期間内の最高値と最低値を比較

でした。

最初の1週間でガクンと減ったのが分かります。
1番最初が一番緩い糖質制限だったのですが、効果は抜群だったようです。

しかし、後半は思ったより減っていませんよね…

理由は、恐らくカロリーの摂りすぎだと思います。
私はナッツや肉・チーズなどカロリーの高いものを気にすることなく食べています。

ただ、完母でもまったく減らなかった最後の1kgがいとも簡単に減りました。
しかも産前の体重よりも軽くなりました。

ここ1ヵ月の間に赤ちゃんは
・離乳食をスタート
・寝る前の授乳は母乳からミルクに変更
しましたが、それでも減ったのはうれしい限り!

糖質制限の効果かなと思っています。

まいせ
まいせ

ちなみに運動らしい運動は特にしていません。時々お散歩したり、週末に子どもと公園で遊んだり、気が向いたときに腹筋する程度。

それでも周りからは「痩せたね」「脚が細くなった」と言われるようになりました。
糖質制限をすると、余分な水分が抜けます。
痩せて見える理由は、むくみが取れたためかもしれません。

糖質制限で感じた体重減以外のメリット

体重が減ったことはもちろん喜ばしいのですが、それ以外のメリットの方が大きかったかもしれません!

・日中眠くならない
・頭痛がなくなった
・疲れにくい
・肌の調子がいい
・便秘にならない
・体温が高くなった

糖質制限を始める前はとにかく眠かったんです。
お昼ご飯を食べたあとは特に!

眠気と共に頭痛が起こることも多く「ちょっと横になろうか・・・」と。

「授乳で夜中も起こされるし、仕方ないよね~」と赤ちゃんと一緒にお昼寝することもしばしば。

ところが、糖質制限を始めたらその眠気は一切なくなりました。

今も夜中に3回くらい起こされます…。なのに、日中眠くなることがなくなったんです!
これが、一番うれしいメリットだったかもしれません。

まいせ
まいせ

眠くない!赤ちゃんがお昼寝してる間、何でもできるーーー!

「眠くならない」「疲れにくい」と、パフォーマンスが上がるんです。

家事、仕事、こうしてブログを書くなど、何でもできちゃうんですよね。

あと、糖質制限を始めると便秘になるという記述をよく見かけます。

炭水化物を摂らないと、そこに含まれる食物繊維もおのずと摂らなくなるためです。

しかし、私の場合は便秘にはなりませんでした。

むしろ、糖質制限を始める前のほうが便秘がちでした。

ただし、よい便が出ているかと言えばそうではありません。例えるならばウサギさんの💩です。

でも、毎日1~2回は必ずお通じがあるのでスッキリしています!

あと、なぜか体温が上がりました。

コロナの関係で、毎日体温を計っているのですが、以前は35℃台が多かったのが、今月は毎日36℃台です。

決して熱っぽいわけではないのですが、これも糖質制限の効果なのか…?

でも体温が上がれば免疫力も上がりますので、よいことなのは間違いありません!

今後の糖質制限について

糖質制限イメージ

Ichigo121212によるPixabayからの画像

実は、今後の糖質制限については、悩んでいるところです。

体脂肪率があまり変化していないので、もう少し何とかしたい!

そこで考えたのが

①ケトジェニックダイエットを2週間ほど行う
②チートデイを設ける
③今の糖質制限を続けながら筋トレを行う

体脂肪を燃やすならケトジェニックダイエットがベスト?

体脂肪を燃やすのに手っ取り早い方法は①のケトジェニックダイエットだと思います。
ケトジェニックダイエットでは、1食の糖質を20g以下に(1日の糖質量60g以下)抑えた上で、高たんぱく・高脂質な食事を徹底します。通常私たちがエネルギーとして使っているのはブドウ糖ですが、ケトジェニックダイエットを行うことで、ブドウ糖が枯渇します。すると体は、ブドウ糖の代わりに肝臓で作られる「ケトン体」をエネルギーとして使うようになります。ケトン体は、体内に蓄えられた脂肪からつくられるため、自然と脂肪が減っていくというわけです。
↓ケトジェニックダイエットについて詳しく知りたい方はこちらの本がオススメです!
著者の斎藤糧三先生は、アンチエイジングで有名な南雲先生の南雲クリニックで副院長もされています。
ただ、ケトジェニックダイエットは健康な人向けのもの。肝臓に疾患のある人や糖尿病の人にはリスクがあると言われています。
私の場合、糖尿病に足を突っ込んでいる状態・・・。
独断でやるのはちょっと危ないのかなと思います。授乳中ですし。

チートデイを設けると血糖値も爆上がり!?

次に考えたのが②のチートデイを設けること。
私の体重は停滞気味です。体が飢餓状態だと勘違いして、エネルギーを消費しないようにしている可能性があります。
ここで、ドカンと糖質を入れることで「あっ!飢餓じゃないんだ!ダイエットしたいだけか!」と体に気づかせてあげるんですね。
チートデイを1日設けて、ごはんやパスタをたらふく食べることでまた体脂肪率も減るかもしれません!
ただ、私は糖尿病予備軍です。
一番怖いのは血糖値の爆上がり…。
制限してたものをいきなり大量に摂取するとどうなるのか・・・試すのも怖いです( ;∀;)

糖質制限+筋トレが安心

というわけでやはり③の今の糖質制限を続けながら筋トレを行うが一番無難ですよね~
でも、0歳児を育てる身としてはなかなかこれが大変で。
時間の捻出が一番の課題になりそうです。
糖質制限の効果については、随時ブログに書いていきます。

では!

糖質制限中でも、どうしても糖質を摂りたいとき、お付き合いなどでとらなければならないときってありますよね!そんなときは、いさぎよくサプリに頼っちゃいましょう!

ギムネマ&サラシアを黄金比で高純度・高濃度配合!
ザ・糖質スーパープレミアムダイエット

サラシアは、インドやスリランカなどに生息する植物。ギムネマはインドや東南アジアなどに自生する植物です。どちらも「アーユルヴェーダ(インドの伝承医学)」において、治療用ハーブとして長年使われてきたそうです。

サラシア・ギムネマは血糖コントロールの強い味方!

ごはんが食べたいー!
パスタが食べたいー!
普通のスイーツが食べたいー!
というときは、食事に+サプリを習慣づけましょう♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました